1. トップ > 
  2. QAサポート > 
  3. よくあるご質問 > 
  4. PowerPoint関連 よくあるご質問と回答(FAQ)  

PowerPoint関連 よくあるご質問と回答(FAQ)

皆様からQ&A窓口に寄せられるご質問に回答を付けてFAQとして掲載しております。 対象カテゴリーまたは対象テキストを選択してください。 ここに掲載されていないご質問がありましたら、以下よりお問い合わせください。

お探しのテキストまたはカテゴリーを選択してください


PowerPoint 2019 基礎(FPT1817)

  • P.228で、3Dモデル「サイコロ」を挿入する操作を行うと、「このファイルのインポート中にエラーが発生しました。」と表示され、3Dモデルが挿入できません。 どうしたらよいですか。
    • 【原因】
      Office 2019の自動アップデートが影響している可能性があります。
      2019年4月24日現在、挿入する3Dモデルのファイルが以下の場合、エラーが表示されることを確認しています。
      ・ファイル名が日本語
      ・ファイルが保存されているフォルダー名が日本語

      現象を確認したOffice
      Office 2019バージョン1903(ビルド11425.20242)
      Office 365 バージョン1903(ビルド11425.20242)

      パソコンにセットアップされているOfficeのバージョンは、次の手順でご確認いただけます。
      ①《ファイル》タブを選択
      ②《アカウント》をクリック
      ③《PowerPointのバージョン情報》をクリック

      【対処方法】
      該当するOfficeでは、テキスト記載の手順で操作していただくことができません。
      次の代替操作の手順に従って、3Dモデルのファイルをドキュメントにコピーし、ファイル名を半角の英数字に変更していただくと挿入できます。

      代替操作
      エラーが表示された場合には、次のように操作を行ってください。
      ① ダウンロードしたデータ「サイコロ」をドキュメントにコピー
      ② ファイル名「サイコロ」を「saikoro」に変更
      ※ 半角英数字であれば、ほかのファイル名でもかまいません。
      ③ 《挿入》タブ→《図》グループの《3Dモデル》の▼をクリック
      ④ 《ファイルから》をクリック
      ⑤ ドキュメントにある3Dモデル「saikoro」を選択
      ⑥ 《挿入》をクリック


PowerPoint 2016 関連テキスト

  • テキストに記載されている色・効果・形状がありません。どうしたらいいですか。
    • Office 2016のエディションやバージョンにより、テキストとポップヒントの表記が異なることを確認しています。

      パソコンにセットアップされているOfficeのバージョンやエディションは、次の手順でご確認いただけます。
      ①《ファイル》タブを選択
      ②《アカウント》をクリック
      ③画面の右上で確認


      テキストの画面図がある場合は、同じ位置にあるものを選択してください。
      代表的な例はこちらをご覧ください。


PowerPoint 2016 応用 (FPT1601)

  • PowerPointでWord文書を挿入する操作を行うと、「この種類(ファイル名.docx)のファイルはPowerPointで開けません。」と表示され、アウトラインからスライドを挿入できません。どうしたらいいですか?

    【該当ページ】
    P.170 3. アウトラインからスライド
    P.278 総合問題4①
    • 【原因】
      Microsoft Office 2016には「ストアアプリ版」と「デスクトップアプリ版」の2種類があります。
      「ストアアプリ版」のMicrosoft Office 2016の場合、PowerPointでWord文書を挿入する操作を行うと、該当のメッセージが表示され、アウトラインからスライドが挿入できないことを確認しています。

      インストールされているOffice 2016がストアアプリ版かどうかを確認する方法は、次のとおりです。
      《スタート》→《設定》→《アプリ》→《アプリと機能》
      《アプリと機能》の一覧で「Microsoft Office Desktop Apps」と表示されていたら、ストアアプリ版がインストールされています。
      ※デスクトップアプリ版の場合は、「Microsoft Office XXXX 2016-ja-jp」と表示されます。(XXXXには、Home & BusinessやProfessionalなどのエディション名が表示されます。)

      【対処方法】
      インストールされているOffice 2016がストアアプリ版だった場合は、Word文書をリッチテキスト形式に変換することで、アウトラインからスライドを挿入できるようになります。
      Word文書をリッチテキスト形式に変換する方法は次のとおりです。

      (操作)
      ①該当のWord文書を開く
      ②《ファイル》タブ→《名前を付けて保存》をクリック
      ③任意の《保存先》を選択
      ※テキストと同じ操作を行う場合は、開いた文書と同じフォルダーを選択
      ④ファイル名を確認
      ⑤ファイルの種類の▼をクリックし、一覧から《リッチテキスト形式(RTF)》を選択
      ⑥《保存》をクリック

      ダウンロードサイトからリッチテキスト形式のファイルをダウンロードしてご利用いただくこともできます。

PowerPoint 2010 基礎 (FPT1007)


PowerPoint 2010 応用 (FPT1030)


PowerPoint 2007 (FPT0630)


PowerPoint 2003 (FPT0318)


PowerPoint 2002 (FPT0116)、(FPT0148)


▲ ページの先頭へ