1. トップ > 
  2. 書籍一覧 > 
  3. アプリケーション > 
  4. Excel > Microsoft Excel 2019/2016/2013 マクロ/VBA

よくわかる Microsoft Excel 2019/2016/2013 マクロ/VBA

定価 2,860 円 (本体 2,600 円)
型番 FPT1910
ISBNコード 978-4-86510-410-3
仕様 A4変型判 233ページ
発行日 2019年8月30日
  • 試し読み
  • 書籍用学習データ
  • 練習問題・総合問題 解答

ご購入

紙書籍

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • ヨドバシカメラ
  • FOMダイレクト

電子書籍

法人のお客様

本書は、Excelの基礎・応用の続編として、マクロやプログラミング言語「VBA」を習得することを目的としたテキストです。
マクロやVBAの使い方をマスターすると、頻繁に行う操作をすばやく処理することができるため、効率的に業務をこなしたい方や、次の段階にステップアップしたい方などにおすすめのテキストです。

<Office 365をお使いの方へ>
本書は、Office 2019で開発しておりますが、Office 365をお使いの方にもご利用いただけるように、補足資料を提供しております。ダウンロードしてご利用ください。
(2019年7月時点でのOffice 365で動作確認をしております。)

Office 365で操作する場合の補足資料

人気の「よくわかるシリーズ」!

このシリーズを開発しているのは、ユーザーがどんな場面でつまずくか、どんなことに疑問を抱くかを、知り尽くした経験豊富なインストラクター!
インストラクターに身近で教えてもらっているような「わかりやすさ」が人気です。
つまずきそうな箇所は丁寧にフォローしながら、疑問は的確に解決しながら学べる安心のシリーズです。

プログラミング初心者でも安心!これから学習する方に最適!

初心者でもつまずくことなく学習できるような構成になっています。
まずはマクロを使って操作を自動化することからはじまり、次にマクロで記録したコードを編集、最後は直接コードを入力してプログラムを作成するというステップアップ方式の学習が可能です。

業務効率に役立つノウハウを習得!

データの入力や検索、印刷といった処理を取り入れた実用的なプログラムを作成します。マクロやVBAを活用して業務を効率よく行うテクニックが習得できます。

プログラムのコードをすべて解説!

記述するすべてのコードの意味を1行ずつ丁寧に解説しているため、理解が深まり、確実に習得できます。
また、「変数」「制御構造」「デバック処理」といったプログラミングの基本用語についてもわかりやすく解説しています。

複数バージョンのExcelに対応!

Excel 2019/2016/2013に対応しています。バージョンによって異なる操作は、バージョンごとに記載しています。

練習問題を通して知識の定着化が図れる!

章ごとの内容を復習できる練習問題を3問、巻末には1章から6章までの総復習ができる総合問題を全7問用意しています。
復習することで、学習した内容を確実にマスターできます。

本書をご利用いただく前に

第1章 マクロの作成

  • Step1 マクロの概要
  • Step2 マクロを作成する
  • Step3 複数の処理をマクロにする
  • Step4 マクロ有効ブックとして保存する
  • 参考学習 個人用マクロブックに保存する
  • 練習問題

第2章 マクロの編集

  • Step1 VBAの概要
  • Step2 VBEの基本操作
  • Step3 マクロを編集する

第3章 モジュールとプロシージャ

  • Step1 モジュールの概要
  • Step2 プロシージャの概要
  • Step3 プロシージャの構成要素
  • Step4 プロシージャを作成する
  • 参考学習 プロシージャを登録する

第4章 変数と制御構造

  • Step1 変数の概要
  • Step2 変数を使用する
  • Step3 制御構造を使用する
  • Step4 条件を分岐する(If~Then)
  • Step5 条件を分岐する(Select~Case)
  • Step6 処理を繰り返す(For~Next)
  • Step7 処理を繰り返す(Do~Loop)
  • 練習問題

第5章 販売管理プログラムの作成

  • Step1 処理の流れを確認する
  • Step2 プログラムを対話形式で実行する
  • Step3 フィルターでデータを抽出する
  • Step4 データを印刷する
  • Step5 ユーザー定義関数を作成する
  • Step6 モジュールをインポートする
  • Step7 データ入力処理を作成する
  • Step8 アプリケーションを仕上げる
  • 練習問題

第6章 デバッグ

  • Step1 エラーを修正する
  • Step2 ステップモードで実行する

総合問題

  • 総合問題1
  • 総合問題2
  • 総合問題3
  • 総合問題4
  • 総合問題5
  • 総合問題6
  • 総合問題7

付録

  • Step1 よく使うステートメント

索引

書籍学習用データ

練習問題・総合問題 解答

正誤表

正誤表はありません

▲ ページの先頭へ