1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. セキュリティ/コンプライアンス > 
  4. 事例で学ぶ個人情報保護<改訂4版>

事例で学ぶ個人情報保護<改訂4版>

企業のコンプライアンス上、個人情報保護に対する取り組みは必須です。個人情報の漏えいや紛失などのトラブルが起きてしまうと、社会的な信用を大きく失墜させてしまいます。本講座では、職場で起こる可能性のある事例を通して注意点や対策を記載しているので、日常業務で個人情報をどのように扱えばよいかがわかります。
また、本講座は2017年5月に全面施行された改正個人情報保護法に対応しています。企業・団体として知っておきたい改正ポイントをわかりやすく解説しています。

  • Point1
    社員向けの個人情報保護教育用の教材として最適!
  • Point2
    2017年5月に全面施行された改正個人情報保護法に対応!
  • Point3
    身近に起こる個人情報保護の事例を紹介!

標準学習時間

3時間

第1章 個人情報とは

  • 1-1 個人情報とは
  • 1-2 組織が守るべき個人情報保護法
  • 1-3 個人情報保護法の改正ポイント
  • 章末問題

第2章 個人情報を取得するとき

  • 事例1 個人情報取扱事業者となる組織
  • 事例2 個人情報の適正な取得
  • 事例3 要配慮個人情報の取得
  • 事例4 利用目的の特定
  • 個人情報を取得するときのチェックリスト
  • 章末問題

第3章 個人情報を利用するとき

  • 事例5 利用目的の変更
  • 事例6 目的外の利用
  • 事例7 第三者への提供
  • 事例8 業者への委託
  • 事例9 ビッグデータとしての個人情報の活用
  • 個人情報を利用するときのチェックリスト
  • 章末問題

第4章 個人情報に関する問い合わせがあったとき

  • 事例10 問い合わせに対する準備
  • 事例11 個人情報の開示
  • 事例12 個人情報の訂正
  • 個人情報に関する問い合わせがあったときのチェックリスト
  • 章末問題

第5章 個人情報を管理するとき

  • 事例13 データの保管
  • 事例14 データの持ち出し
  • 個人情報を管理するときのチェックリスト
  • 章末問題

第6章 個人情報を廃棄・消去するとき

  • 事例15 紙の処理
  • 事例16 中古パソコンの処理
  • 個人情報を廃棄・消去するときのチェックリスト
  • 章末問題

第7章 組織としての取り組み

  • 7-1 個人情報の管理
  • 7-2 プライバシーポリシーの策定
  • 7-3 個人情報保護規定の策定
  • 7-4 実施および運用
  • 7-5 監査および見直し
  • 7-6 プライバシーマークの取得

付録 知っておきたい知識(関連法規)

  • 付録1 個人情報保護ガイドライン
  • 付録2 マイナンバー法
  • 付録3 特定個人情報保護ガイドライン
  • 付録4 特定電子メール法
  • 付録5 不正アクセス禁止法

確認問題

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
1ヶ月 4,000円
3ヶ月 5,000円

買取型

Internet Navigware対応

ライセンス数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
5クライアント 125,000円 62,500円
20クライアント 400,000円 200,000円
100クライアント 1,600,000円 800,000円

※Internet Navigwareでのクライアントは、同時に学習できる最大ユーザー数を表します。

SCORM1.2対応/KnowledgeC@fe対応

ご利用人数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 400,000円
201~500名 - 600,000円
501~1,000名 - 900,000円
1,001~1,500名 - 1,125,000円
無制限 1,400,000円 -

※SCORM1.2対応版は教育機関様向けの価格をご用意しています。詳細はお問い合せください。

クラウドサービス型・買取型(SCORM1.2対応・KnowledgeC@fe対応)

Microsoft Windows 7、8.1、10 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
画面解像度1280×1024ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
音声なし版の場合は必要ありません。
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
  • 開発時点(平成29年6月)での確認です。
  • お使いのLMSのサーバーに最低31.2MBのHDDの空き容量が必要となります。
  • お使いのLMSにより対応するOS、ブラウザ、画面解像度は異なります。
    提供するサンプルコンテンツでご確認ください。

買取型(Internet Navigware対応)

Microsoft Windows 7、8.1、10 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
音声なし版の場合は必要ありません。
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
Microsoft Internet Explorer 9、10、11
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Windows Media Player
音声なし版の場合は必要ありません。
  • 本講座はInternet Navigware V8.0 以降に対応しています。
  • 開発時点(平成29年6月)での確認です。必ず「体験学習」のページでご確認ください。
  • 買取型でご利用の場合、サーバーに最低29.9MBのHDDの空き容量が必要となります。

▲ ページの先頭へ