1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. 資格試験対策 > 
  4. ミドルウェアマスター対策教材 Professional 運用管理(自動化) V1

ミドルウェアマスター対策教材 Professional 運用管理(自動化) V1

本コースは、富士通ミドルウェア技術者認定制度の認定資格「FUJITSU Certified Middleware Professional アプリケーション基盤 V1」に対応した認定試験対策教材です。
※「富士通株式会社 ミドルウェア事業本部」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • Point1
    認定試験の出題範囲の内容をすべて網羅した学習コンテンツ!
  • Point2
    わかりやすい解説付きの模擬試験を収載!

標準学習時間

3時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware・KnowledgeC@fe対応)

はじめに

  • 本資料利用上の注意
  • はじめにお読みください

第1章 業務運用の自動化

  • 1.1 Systemwalkerとは
  • 1.2 業務運用の自動化を実現する製品
  • 1.3 Systemwalker Operation Manager

第2章 Systemwalker Operation Managerの運用

  • 2.1 運用形態
  • 2.2 業務の構成
  • 2.3 業務運用の自動化の流れ
  • 2.4 業務の自動化
  • 2.5 業務の制御
  • 2.6 業務の監視と操作
  • 2.7 稼働実績の管理
  • 2.8 業務のテスト運用
  • 2.9 オフライン環境での業務開発
  • 2.10 ポリシーによる運用
  • 2.11 セキュリティ
  • 2.12 連携製品

第3章 大規模・高信頼性システム

  • 3.1 クラスタシステム環境での運用
  • 3.2 複数サブシステム運用
  • 3.3 マスタースケジュール管理

第4章 システム運用の自動化

  • 4.1 運用管理における課題
  • 4.2 Syatemwalker Runbook Automation
  • 4.3 システム構成
  • 4.4 製品の位置づけ

第5章 自動運用プロセスの開発

  • 5.1 開発の流れ
  • 5.2 構成情報の管理
  • 5.3 自動運用プロセスの開発
  • 5.4 高度な自動運用プロセスの開発
  • 5.5 開発資産の流用
  • 5.6 自動運用プロセスの登録
  • 5.7 自動運用プロセスのテスト
  • 5.8 自動運用プロセスの実行
  • 5.9 自動運用プロセスの確認
  • 5.10 ユーザーとグループの管理
  • 5.11 監査
  • 5.12 自動運用プロセスのスケジュール
  • 5.13 自動運用プロセスの運用

付録

  • 用語集

問題集

  • 問題集

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 9,000円

買取型

Internet Navigware対応

ライセンス数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
5クライアント 225,000円 112,500円
20クライアント 720,000円 360,000円
100クライアント 2,160,000円 1,080,000円

KnowledgeC@fe対応

ご利用人数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 720,000円
201~500名 - 810,000円
501~1,000名 - 1,260,000円
1,001~1,500名 - 1,485,000円
無制限 1,800,000円 -

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware・KnowledgeC@fe対応)

Microsoft Windows Vista、7、8、8.1 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
CPU:Pentium 300MHz 以上、メモリ:128MB 以上
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
Microsoft Internet Explorer 7、8、9、10、11
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Adobe Flash Player
  • 開発時点での確認です。プラグイン等、上位バージョンでの動作等、必ず「体験学習」のページでご確認ください。

▲ ページの先頭へ