1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. Microsoft Office 操作習得 > 
  4. よくわかる Word 2019 応用

よくわかる Word 2019 応用

本講座は、Wordを使いこなしたい方を対象に、図形や図表、写真などに様々な効果を付けた文書の作成や差し込み印刷、スタイルを利用して見栄えのする長文に仕上げる方法、コメントや変更履歴などを使って文書を校閲する方法など、応用的かつ実用的な機能をわかりやすく解説しています。
経験豊富なインストラクターが、日頃のノウハウをもとに作成しており、自己学習の教材として最適です。

  • Point1
    ナレーション付きの動画で操作方法を確認できる!
  • Point2
    いつでもどこでもスマートデバイスで学習できる!
  • Point3
    シミュレーション学習機能で実習できる!

標準学習時間

10時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型(SCORM1.2対応・KnowledgeC@fe)

学習を始める前に

  • はじめに
  • 動作環境
  • 操作方法

第1章 図形や図表を使った文書の作成

  • Step1 テーマを適用する
  • Step2 ページの背景色を設定する
  • Step3 ワードアートを挿入する
  • Step4 SmartArtグラフィックを挿入する
  • Step5 テキストボックスを作成する
  • Step6 図形を作成する
  • Step7 背景の設定された文書を印刷する

第2章 写真を使った文書の作成

  • Step1 ページのレイアウトを設定する
  • Step2 ファイルを挿入する
  • Step3 写真を編集する
  • Step4 地図を図として貼り付ける

第3章 差し込み印刷

  • Step1 宛名を差し込んだ文書を印刷する
  • Step2 宛名を差し込んだラベルを印刷する

第4章 長文の作成

  • Step1 見出しを設定する
  • Step2 文書の構成を変更する
  • Step3 スタイルを適用する
  • Step4 アウトライン番号を設定する
  • Step5 表紙を作成する
  • Step6 ヘッダーとフッターを作成する
  • Step7 目次を作成する
  • Step8 脚注を挿入する
  • Step9 図表番号を挿入する

第5章 文書の校閲

  • Step1 文章を校正する
  • Step2 翻訳する
  • Step3 コメントを挿入する
  • Step4 変更履歴を使って文書を校閲する

第6章 Excelデータを利用した文書の作成

  • Step1 Excelの表を貼り付ける

クラウドサービス型

受講期間 価格(税込)
1ヶ月 4,400円
3ヶ月 5,500円

買取型

SCORM1.2対応/KnowledgeC@fe対応

ご利用人数 価格(税込)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 440,000円
201~500名 - 660,000円
501~1,000名 - 990,000円
1,001~1,500名 - 1,237,500円
無制限 1,540,000円 -

クラウドサービス型・買取型(SCORM1.2対応・KnowledgeC@fe対応)

Microsoft Windows 8.1、10 + PC/AT互換機 + 日本語109キーボード + マウス
画面解像度:1280×1024ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ装置
音声の再生装置(スピーカー等)
ブロードバンド接続
注意:回線速度・回線状況によってはデータの転送が再生に間に合わず、音声・動画が停滞する場合があります。

スマートデバイス

Android 10、iOS 13、iPadOS 13
Google Chrome(Android) Safari(iOS、iPadOS)
音声再生装置
Wi-Fi接続
注意:回線速度・回線状況により、音声・動画が途切れる場合があります。
  • 開発時点(2020年8月)での動作保障環境です。
  • 買取型でご利用の場合、LMSのサーバーに最低600MBのHDDの空き容量が必要となります。LMSおよりサーバーに容量制限がある場合は、ご相談ください。
  • 買取型(SCORM1.2対応)は、お使いのLMSにより対応するOS、ブラウザー、画面解像度は異なります。提供するサンプルコンテンツでご確認ください。
  • ご利用のLMSにより対応するOS、ブラウザー、画面解像度は異なります。
  • スマートデバイスはお使いのLMSが対応している必要があります。
  • スマートデバイスはご利用の環境によっては正しく動作しない可能性があります。正しく動作しない場合はパソコンで学習してください。
    ※確認問題はスマートデバイスでの学習に対応していません。

▲ ページの先頭へ