1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. Microsoft Office 操作習得 > 
  4. 仕事の効率アップ Excelで業務を自動化!マクロ/VBA

仕事の効率アップ
Excelで業務を自動化!マクロ/VBA

働き方改革により、長時間労働の見直しや生産性向上が課題となっています。「仕事の効率アップ」シリーズでは、業務の効率化に向けたICTスキルの向上を図ります。本講座では、Excelを使って、マクロを使った操作の自動記録から、簡単なマクロの編集方法までを解説します。また、マクロを記録するときに注意することなども学習します。本講座を学習することで日常の定型業務をさらに効率よく行うことができます。
仕事の効率アップシリーズについて詳しくは、特設ページをご覧ください。

  • Point1
    動画で講師が説明してくれるのでわかりやすい!
  • Point2
    たった1時間で、マクロを使って業務を効率化する方法がわかる!
  • Point3
    実務に即した題材で、ビジネスの現場を具体的に想定できる!

標準学習時間

1時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型

第1章 事例やデータの内容を確認しよう

  • STEP1 学習する事例を確認する
    • 1 事例の確認
  • STEP2 データの内容を確認する
    • 1 データの確認

第2章 マクロを記録する準備をしよう

  • STEP1 マクロの記録を始める前に
    • 1 マクロの作成手順
    • 2 《開発》タブの表示
  • STEP2 マクロを記録する前に注意すること
    • 1 マクロを記録する前に注意すること

第3章 ブックにマクロを記録・実行しよう

  • STEP1 マクロを記録・実行する
    • 1 並べ替えを行うマクロの作成
  • STEP2 相対参照でマクロを記録する
    • 1 フォームに入力したデータを転記するマクロの作成
  • STEP3 コントロールボタンにマクロを登録する
    • 1 コントロールボタンへのマクロの登録
  • STEP4 マクロ有効ブックとして保存する
    • 1 マクロ有効ブックとして保存
    • 2 マクロを含むブックを開く

第4章 Excelにマクロを記録・保存しよう

  • STEP1 個人用マクロブックとして保存する
    • 1 個人用マクロブックとして保存
    • 2 データを整形するマクロの作成
  • STEP2 クイックアクセスツールバーにマクロを登録する
    • 1 クイックアクセスツールバーへのマクロの登録

第5章 マクロを編集しよう

  • STEP1 マクロを編集するには
    • 1 マクロの編集とVBE
  • STEP2 マクロを編集する
    • 1 並べ替えの範囲の変更
    • 2 複数のマクロを一度に実行

付録 本講座で使用した機能の一覧

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
1ヶ月 3,000円
3ヶ月 4,000円

買取型

Knowledge C@fe対応版・SCORM1.2対応版

ご利用人数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 320,000円
201~500名 - 480,000円
501~1,000名 - 720,000円
1,001~1,500名 - 900,000円
無制限 1,120,000円 -

※SCORM1.2対応版は教育機関様向けの価格をご用意しています。詳細はお問い合せください。

クラウドサービス型・買取型(SCORM1.2対応・KnowledgeC@fe)

PC/AT互換機 + 日本語109キーボード + マウス
画面解像度1280×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
注意: 回線速度・回線状況により、音声・動画が途切れる場合があります。
  • 開発時点(平成30年9月)での確認です。
  • お使いのLMSにより対応するOS、ブラウザ、画面解像度は異なります。
    提供するサンプルコンテンツでご確認ください。
  • 本講座は、2018年9月現在のExcel 2016に基づいて解説しています。
    Windows Updateによって機能が更新された場合には、本講座の記載のとおりに操作できなくなる可能性があります。
    あらかじめご了承ください。

▲ ページの先頭へ