1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. Microsoft Office 操作習得 > 
  4. 仕事の効率アップ Excel表から必要なデータを素早く見つける方法

仕事の効率アップ
Excel表から必要なデータを素早く見つける方法

働き方改革により、長時間労働の見直しや生産性向上が課題となっています。「仕事の効率アップシリーズ」では、業務の効率化に向けたICTスキルの向上を図ります。本講座では、Excelを使って、データベース用の表の作成や並べ替え、抽出方法、ミスなく作業するための操作方法などを解説しています。本講座を学習することで目的に応じたデータを素早く抽出し、効率よくデータを扱うことができます。
仕事の効率アップシリーズについて詳しくは、特設ページをご覧ください。

  • Point1
    動画で講師が説明してくれるのでわかりやすい!
  • Point2
    たった1時間で、データベースを効率よく活用する方法がわかる!
  • Point3
    実務に即した題材で、ビジネスの現場を具体的に想定できる!

標準学習時間

1時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型

第1章 事例やデータの内容を確認しよう

  • STEP1 学習する事例を確認する
    • 1 事例の確認
  • STEP2 データの内容を確認する
    • 1 データの確認

第2章 データベース用の表を作成しよう

  • STEP1 データベース用の表を作成する
    • 1 データベース用の表
    • 2 表作成時の注意点
  • STEP2 表の行列を入れ替える
    • 1 表の行列の入れ替え
  • STEP3 効率よくデータを入力する
    • 1 同じデータを効率よく入力する(オートコンプリート)
    • 2 入力パターンを読み取り自動入力する(フラッシュフィル)

第3章 表を並べ替えよう

  • STEP1 特定の列を基準に表を並べ替える
    • 1 1つの基準で並べ替える
    • 2 複数の基準で並べ替える
    • 3 ふりがなで並べ替える
  • STEP2 ユーザー設定リストを基準に表を並べ替える
    • 1 ユーザー設定リストで並べ替える
  • STEP3 うまく並び替わらないときの対処法
    • 1 うまく並び替わらないときの対処法

第4章 表から必要なデータを抽出しよう

  • STEP1 表から必要なデータを抽出する
    • 1 フィルターの実行
    • 2 検索ボックスを使ったフィルター
    • 3 数値・日付・テキストフィルター
    • 4 ワイルドカード文字を使ったフィルター
  • STEP2 表から重複したデータを探す
    • 1 重複したデータの抽出
  • STEP3 うまくフィルターが実行できないときの対処法
    • 1 うまくフィルターが実行できないときの対処法

第5章 テーブルを活用しよう

  • STEP1 表をテーブルに変換する
    • 1 表をテーブルに変換する
  • STEP2 集計行を表示する
    • 1 集計行の表示
  • STEP3 テーブルの並べ替え・抽出をする
    • 1 テーブルのデータの並べ替え
    • 2 テーブルからデータを抽出する

付録 本講座で使用した機能の一覧

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
1ヶ月 3,000円
3ヶ月 4,000円

買取型

Knowledge C@fe対応版・SCORM1.2対応版

ご利用人数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 320,000円
201~500名 - 480,000円
501~1,000名 - 720,000円
1,001~1,500名 - 900,000円
無制限 1,120,000円 -

※SCORM1.2対応版は教育機関様向けの価格をご用意しています。詳細はお問い合せください。

クラウドサービス型・買取型(SCORM1.2対応・KnowledgeC@fe)

PC/AT互換機 + 日本語109キーボード + マウス
画面解像度1280×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
注意: 回線速度・回線状況により、音声・動画が途切れる場合があります。
  • 開発時点(平成30年9月)での確認です。
  • お使いのLMSにより対応するOS、ブラウザ、画面解像度は異なります。
    提供するサンプルコンテンツでご確認ください。
  • 本講座は、2018年9月現在のExcel 2016に基づいて解説しています。
    Windows Updateによって機能が更新された場合には、本講座の記載のとおりに操作できなくなる可能性があります。
    あらかじめご了承ください。

▲ ページの先頭へ