1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. IT専門分野 > 
  4. ITスペシャリストのためのシステムの性能管理

ITスペシャリストのためのシステムの性能管理

ICTシステムにおける性能管理(サービスの可視化/性能情報の監視・分析)の重要性を理解し、性能管理を実現するミドルウェア製品の機能と、その活用方法について学習します。
・Systemwalkerのコンセプト
・仮想化・クラウド環境における性能管理の考え方
・稼働状況の見える化
・キャパシティプランニング(スケールアウト)
・多彩な分析レポート
※「富士通株式会社」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • クラウドサービス型 学習期間3ヶ月 お申込
  • 買取型 お申込
  • ご質問・お問い合わせ
  • Point1
    仮想化、クラウド環境における性能管理の重要性について学べます!
  • Point2
    Systemwalker Service Quality Coordinatorの機能および活用方法について説明学べます!
  • Point3
    収集した性能情報をもとに性能グラフを作成し、キャパシティプランニングについて学べます!

標準学習時間

3時間

講座チラシ

クラウドサービス型

はじめに

  • 本資料利用上の注意
  • 商標について
  • 略語表記について

第1章 仮想化・クラウド環境における性能管理の重要性

  • 第1章 学習目標
  • 1.1 仮想化・クラウドによって複雑化する運用管理
  • 1.2 仮想化、クラウド環境での課題
  • 1.3 物理環境と仮想化・クラウド環境の違い
  • 1.4 仮想化・クラウド環境における性能管理の考え方
  • 第1章 確認テスト

第2章 Systemwalker Service Quality Coordinatorで実現する性能管理

  • 第2章 学習目標
  • 2.1 性能管理の課題
  • 2.2 効果的な性能管理
  • 2.3 システムの稼働状況を可視化
  • 2.4 性能トラブルの問題箇所を特定
  • 2.5 リソース最適化(仮想集約)
  • 2.6 リソース使用量の将来予測
  • 2.7 定期的なレポートによる傾向分析
  • 第2章 確認テスト

第3章 Systemwalker Service Quality Coordinatorの機能

  • 第3章 学習目標
  • 3.1 Systemwalker Service Quality Coordinator のシステム構成
  • 3.2 Systemwalker Service Quality Coordinatorのエディション
  • 3.3 Systemwalker Service Quality Coordinator
  • 第3章 確認テスト

第4章 基本操作イメージ

  • 第4章 学習目標
  • 4.1 管理コンソール
  • 4.2 性能データの参照
  • 4.3 レポート出力

用語集

最終確認テスト

受講アンケート

クラウドサービス型

受講期間 価格(税込)
3ヶ月 19,800円

買取型

ご利用人数 価格(税込)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 1,584,000円
201~500名 - 1,782,000円
501~1,000名 - 2,772,000円
1,001~1,500名 - 3,267,000円
無制限 3,960,000円 -

クラウドサービス型・買取型(Knowledge C@fe対応)

Microsoft Windows 8.1、10 + PC/AT互換機+ 日本語109キーボード+ マウス
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
  • 開発時点での確認です。

▲ ページの先頭へ