1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. IT専門分野 > 
  4. AutoCAD LT 2018

AutoCAD LT 2018

世界シェアNo.1のCADソフト「AutoCAD LT 2018」を基礎から学び、実務に直結する実践スキルを身につけます。
多様な作図コマンドや編集コマンドを演習を通じて学習し、複数の建築図面や機械図面の製図を通して、仕事で活かせる総合的なスキルの習得を目指します。
※「ピーシーアシスト株式会社」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • Point1
    実務を見据えた豊富な解説
  • Point2
    課題演習ベースの学習カリキュラム

標準学習時間

35時間

第1章 はじめに

  • 第1節 はじめに
  • 第2節 AutoCADについて

第2章 初期設定

  • 第1節 起動方法と画面各部の名称
  • 第2節 初期設定
  • 第3節 AutoCADの基本操作
  • 第4節 ファイル操作

第3章 課題1:三面図 1回目

  • 第1節 製図の基礎
  • 第2節 三面図1
  • 第3節 三面図2

第4章 課題2:キッチンキャビネット

  • 第1節 キッチンキャビネット

第5章 画面の移動・拡大縮小

  • 第1節 画面の移動・拡大縮小

第6章 作図コマンド

  • 第1節 線分
  • 第2節 オブジェクトスナップ
  • 第3節 長方形
  • 第4節 ポリゴン
  • 第5節 円
  • 第6節 円弧
  • 第7節 楕円
  • 第8節 スプライン
  • 第9節 点
  • 第10節 ハッチング

第7章 基点設定と練習課題

  • 第1節 基点設定
  • 第2節 練習課題

第8章 選択

  • 第1節 選択

第9章 編集コマンド

  • 第1節 削除
  • 第2節 移動
  • 第3節 複写
  • 第4節 オフセット
  • 第5節 鏡像
  • 第6節 配列複写
  • 第7節 回転
  • 第8節 尺度変更
  • 第9節 長さ変更
  • 第10節 トリム
  • 第11節 延長
  • 第12節 ストレッチ
  • 第13節 部分削除
  • 第14節 面取り
  • 第15節 フィレット
  • 第16節 分解

第10章 課題3:キッチンキャビネット2

  • 第1節 キッチンキャビネット2

第11章 画層設定

  • 第1節 画層とは
  • 第2節 画層の設定
  • 第3節 画層の利用
  • 第4節 線種尺度
  • 第5節 オブジェクトプロパティ管理

第12章 課題4:画層練習

  • 第1節 画層練習

第13章 文字

  • 第1節 設定
  • 第2節 マルチテキスト
  • 第3節 文字記入
  • 第4節 表

第14章 寸法

  • 第1節 寸法の設定
  • 第2節 寸法記入

第15章 ブロック

  • 第1節 ブロック定義
  • 第2節 ブロック挿入
  • 第3節 属性付きブロック
  • 第4節 ブロック編集

第16章 レイアウト空間

  • 第1節 レイアウト空間
  • 第2節 異尺度対応

第17章 課題5:三面図 2回目

  • 第1節 製図の前に必要な設定
  • 第2節 三面図1 2回目
  • 第3節 印刷設定
  • 第4節 三面図2~4 2回目

第18章 課題:機械図面

  • 第1節 機械製図
  • 第2節 軸受を描く
  • 第3節 ボルトの描き方

第19章 課題:建築平面図

  • 第1節 建築図面の基礎
  • 第2節 建築図面の設定
  • 第3節 建築平面図の作図

第20章 DXFファイル

  • 第2節 DXFファイルで保存する

第21章 参考学習

  • 第1節 外部参照
  • 第2節 データシート

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 14,800円

買取型

Knowledge C@fe対応

ご利用人数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
1~200名 - 1,184,000円
201~500名 - 1,332,000円
501~1,000名 - 2,072,000円
1,001~1,500名 - 2,442,000円
無制限 2,960,000円 -

クラウドサービス型・買取型

Microsoft Windows 7、8.1、10 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
本eラーニングの受講にあたっては、「AutoCAD LT 2018 」が必要です。
※「AutoCAD LT 2018 」がインストールされていることを前提に教材が構成されています。
  • 開発時点での確認です。

▲ ページの先頭へ