1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. ヒューマンスキル > 
  4. 成果がでる! OJTのすすめ

成果がでる! OJTのすすめ

管理者にとって必要なOJTの進め方について、事例を基にわかりやすく解説しています。
この教材を学習することで、OJTの重要性を認識するとともに、効果的なOJT実践のためのポイントを習得できる構成となっています。
※「株式会社よんでんメディアワークス」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • Point1
    管理者にとって必要なOJTの重要性を認識する
  • Point2
    効果的なOJTの実践方法を習得することができる
  • Point3
    ナレーションと動画によるわかりやすい解説

標準学習時間

10時間

第1章 OJTの重要性

  • 山田くんの伸び悩み
  • 必要から学ぶ
  • OJTとは
  • OJTに対する誤解
  • OJTの効果
  • 確認テスト1

第2章 OJTの進め方

  • OJTの計画(PLAN)
  • OJTの実践(DO)
  • OJTの評価(CHECK)
  • OJTの改善(ACTION)
  • OJTは効果的
  • 確認テスト2

第3章 Off-JT、SDの活用

  • 人が学ぶということ
  • OJT、Off-JT、SDの関係
  • 学習内容の業務への展開
  • 確認テスト3

第4章 OJTに必要なスキル

  • スキルも重要
  • コミュニケーションの重要性
  • 効果的な褒め方・叱り方
  • 部下の能力・意欲の状況にあわせたリーダーシップ
  • コーチング、エンパワーメントの活用
  • 確認テスト4

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 8,000円

買取型

Internet Navigware対応

ライセンス数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
5クライアント 250,000円 125,000円
20クライアント 625,000円 312,500円
100クライアント 2,500,000円 1,250,000円

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware対応)

Microsoft Windows 2000 Professional、XP Home、XP Professional、Vistaのいずれかが潤滑に動作するPC/AT互換機 + キーボード + マウス
画面解像度1024×768ピクセル以上、表示色数65536色(High Color, 16ビット)以上のディスプレイ装置
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
注意: 回線速度・回線状況により、音声・動画が途切れる場合があります。
Microsoft Internet Explorer 6.0、7
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Macromedia Flash Player 8、Adobe Flash Player 9のうちいずれかのブラウザプラグイン
  • 組織内ネットワークでeラーニングシステムを構築して利用される場合、お使いのInternet Navigware Serverが保証するクライアントの動作環境が前提条件となります。
  • 本コースウェアはInternet Navigware V6.0 以降に対応しています。
  • 開発時点での確認です。プラグイン等、上位バージョンでの動作等、必ず「体験学習」のページでご確認ください。

▲ ページの先頭へ