1. トップ > 
  2. 書籍一覧 > 
  3. インターネット/ホームページ/SNS > 
  4. SNS > 
  5. 現場に学ぶSNSトラブル回避術

どうなるどうする 現場に学ぶSNSトラブル回避術

表紙fpt1506
定価 864 円 (本体 800 円)
型番 FPT1506
ISBNコード 978-4-86510-229-1
仕様 新書判 106ページ
添付 なし
発行日 2015年7月5日
  • おすすめPDF1

ご購入

近年、スマートフォンの普及にともない、誰でも手軽に写真の撮影から投稿まで行えるようになりました。その一方で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関連したトラブルは後を絶ちません。
特に企業においては、たとえ従業員の個人的な投稿であったとしても、SNS関連のトラブルは大きなダメージとなることが少なくありません。企業におけるSNS関連のトラブルを未然に防ぐためには、従業員へのSNSリテラシー教育が何より重要です。
本書は、従業員が知っておくべき最低限のSNSリテラシーを身につけるための格好の教材となっています。
手軽な新書サイズで、読みやすく、わかりやすい内容なので、企業の一般従業員だけでなく、これからSNSをはじめたいと思っている人、SNSをはじめたばかりの初心者やライトユーザーにもおすすめです。
※なお、本書は「SNSトラブル回避術 ソーシャルメディアガイドラインの作り方」(FKT1323)から、企業や企業のSNS担当者向けのガイドライン部分(第5章、第6章)を削除し、一般従業員向けの内容にしたダイジェスト版です。

「SNSとは?」から丁寧に解説

そもそもSNSとはどのようなものか、SNSのメリット・デメリットは?
SNSの概要から正しい知識まで丁寧に解説しているので、企業の従業員の方はもちろん、これからSNSをはじめたいと思っている方、SNSをはじめたばかりの初心者の方やライトユーザーの方でも安心して読むことができます。

身近な事例からSNSのトラブルを学ぶ

最近のSNSを取り巻く状況を説明し、SNSが引き起こすトラブルを、事例を交えて紹介します。
特に企業などの組織において従業員が起こしうるトラブルについては詳しく解説していきます。

組織におけるSNSトラブル回避に最適

企業内の個人アカウントや、企業の公式アカウントが巻き込まれやすいSNSのトラブルについて、トラブル内容、トラブル対策の必要性を、具体例をあげて解説していきます。

企業のリスクマネジメントの一環として

本書を読めば、本格的なセミナーの受講などと同等の知識が得ることが可能であり、企業における不祥事の発生を未然に防ぐ対策になります。

どうなるどうするシリーズで、従業員のスキルアップに

要点をコンパクトにまとめた「どうなるどうする」シリーズの一冊であり、「マイナンバー」、「個人情報保護」などシリーズ他書とあわせて読むことで、現在話題となっているトピックスに関する正確な知識が身につきます。

本書をご利用いただく前に

第1章 なぜSNSはここまで利用されているのか

  • 1-1 SNSとは
  • 1-2 SNS利用の実態
  • 1-3 SNSがビジネスで活用される理由
  • 1-4 Facebook
  • 1-5 Twitter
  • 1-6 LINE
  • 1-7 その他のSNS

第2章 SNSは危険と隣り合わせ

  • 2-1 SNSに潜むリスク
  • 2-2 炎上を引き起こす対応
  • 2-3 炎上を防ぐには
  • 2-4 それでも炎上したら
  • 2-5 情報漏洩の危険
  • 2-6 ハッキングの手法を知ろう

第3章 個人アカウントにおける危険

  • 3-1 会社や取引先の愚痴を投稿したら
  • 3-2 非常識な行動や発言を投稿したら
  • 3-3 機密情報を漏洩したら
  • 3-4 投稿者は特定される
  • 3-5 意図せずにプライバシーを侵害したら
  • 3-6 家族に機密情報を漏らしたら
  • 3-7 学習内容確認リスト

第4章 公式アカウントにおける危険

  • 4-1 誤った情報を投稿したら
  • 4-2 不都合なコメントを削除したら
  • 4-3 不用意な投稿をしたら
  • 4-4 なりすましによる投稿を見つけたら
  • 4-5 アカウントが乗っ取られたら
  • 4-6 学習内容確認リスト

付録

データダウンロード

ダウンロードはありません

正誤表

正誤表はありません

▲ ページの先頭へ