1. トップ > 
  2. 書籍一覧 > 
  3. 資格 > 
  4. MOS > 
  5. MOS Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集

Microsoft Office Specialist
Microsoft Excel 2010 対策テキスト& 問題集

表紙fpt1031
定価 2,160円 (本体 2,000円)
型番 FPT1031
ISBNコード 978-4-89311-896-7
仕様 A4変型判 298ページ
添付 自動採点付き模擬試験CD-ROM
発行日 2011年4月3日
  • おすすめPDF1
  • おすすめPDF2
  • 立ち読みPDF

ご購入

通常版(紙書籍)

電子書籍

電子書籍版はありません

補足資料「Office 2010ユーザー向け Office Onlineの利用」のご提供について掲載中!
Windows 8対応 補足資料(学習の前に)のご提供について掲載中!
添付CD-ROM動作環境
模擬試験 体験版プログラム 無料ダウンロード 提供中!
※本プログラムは、MOS Excel 2010(一般)の模擬試験から一部抜粋したものです。 プログラムの仕様は、MOS 2010シリーズで共通ですので、ぜひお試しください。

本書は、「Microsoft Office Specialist」(以降、MOSと記載)のExcel 2010スペシャリスト(一般) に合格することを目的にした試験対策用教材です。 「内容評価基準」(試験範囲)を100%網羅、丁寧にわかりやすく解説し、合格への近道となるテキ ストです。出題傾向を詳細に分析し、選りすぐりの模擬試験問題を5 回分ご用意しています。

最新情報は、MOS公式サイトでご確認ください。
http://mos.odyssey-com.co.jp/

1冊で万全の試験対策!

本書は、内容評価基準を網羅した的確な解説で基礎力を養い、本試験を徹底的に分析した模擬試験で実戦力を養うことができるテキスト& 問題集です。

出題範囲をすべてカバーしたわかりやすい解説!

内容評価基準で求められているすべての項目を学習できます。機能ごとに解説を学習してから練習問題を解くステップで効果的な学習を行えます。

本番さながらの模擬試験プログラムで実力アップ間違いなし!

添付のCD-ROMを使うと、制限時間50分で本番さながらの試験を体験できます。自動採点付きで試験結果が一目でわかり、合格の目安に役立ちます。 出題傾向を分析した選りすぐりの5 回分の模擬試験、および、5 回分から問題をランダムに出題するランダム試験をご用意しています。

機能アップしてより使いやすくなった模擬試験CD-ROM!

試験中に採点を確認したり、解答アニメを表示したりできるようになりました。 さらに、実習する画面解像度に合わせて模擬試験プログラムのウィンドウサイズを自由に変更できるようになり、より使いやすくバージョンアップしました。

インストラクショナル・デザインを考慮した学習方法で確実に!計画的に!スキルアップ

学習目標を確認し、学習前後の理解度の伸長を把握しながら学習できます。苦手な分野は繰り返し学習して確実にマスターできます。 試験日に照準を合わせて計画的に学習するための「学習スケジュール表」や習熟度の伸長を把握するための「習熟度チェック表」もご用意しています。

受験者必読の役立つ情報が満載!

試験当日にあわてないように、試験イメージの確認や試験に臨む際の心構えについても記載 しています。事前に確認しておくことで、万全の試験準備ができ、本来の実力を発揮することが できます。

添付CD-ROM動作環境

  • OS:
    Windows 7 または Windows Vista SP2 (日本語版 各32ビット または 64ビット)
  • アプリケーションソフト:
    Office 2010 日本語版
    (注1) Office XP、Office 2003、Office 2007、Office 2013では動作いたしません。
  • CPU:
    Windows 7 -- 1GHz以上のプロセッサ
    Windows Vista -- 800MHz以上のプロセッサ (1GHz以上推奨)
  • メモリ:
    Windows 7 -- 1GB以上 (2GB以上推奨)
    Windows Vista -- 512MB以上 (1GB以上推奨)
  • グラフィックス表示:
    解像度 1024×768 ピクセル または 1280×1024 ピクセル
    ハイカラー以上
  • CD-ROMドライブ:
    24倍速以上CD-ROMドライブ必須
  • サウンド:
    Windows互換サウンドカード(スピーカー必須)
  • ハードディスク:
    空き容量 500MB以上(720MB以上推奨)

本書をご利用いただく前に

試験対策

  • 1 試験対策
  • 2 便利な学習ツール

学習の前に

  • 1 テキストの見方
  • 2 環境設定
  • 3 CD-ROMのセットアップ

内容評価基準1 Excel環境の管理

  • 1-1 ワークシート内を移動する
  • 1-2 ワークシートやブックを印刷する
  • 1-3 Backstageを使用して環境をカスタマイズする

内容評価基準2 セルデータの作成

  • 2-1 セルのデータを作成する
  • 2-2 オートフィルを適用する
  • 2-3 ハイパーリンクを適用する、操作する

内容評価基準3 セルやワークシートの書式設定

  • 3-1 セルの書式を適用する、変更する
  • 3-2 セルを結合する、解除する
  • 3-3 列や行の見出しを作成する
  • 3-4 列や行を表示する、非表示にする
  • 3-5 ページ設定のオプションを操作する
  • 3-6 セルのスタイルを作成する、適用する

内容評価基準4 ワークシートやブックの管理

  • 4-1 ワークシートを作成する、書式設定する
  • 4-2 ウィンドウの表示を操作する
  • 4-3 ブックの表示を操作する

内容評価基準5 数式や関数の適用

  • 5-1 数式を作成する
  • 5-2 優先順位を正しく理解する
  • 5-3 数式にセル参照を適用する
  • 5-4 数式に条件付き論理を適用する
  • 5-5 数式に名前付き範囲を適用する
  • 5-6 数式にセル範囲を適用する

内容評価基準6 視覚的なデータの表示

  • 6-1 ワークシートのデータを使用してグラフを作成する
  • 6-2 図を適用する、操作する
  • 6-3 画像編集機能を使用して画像を作成する、修正する
  • 6-4 スパークラインを適用する

内容評価基準7 ワークシートのデータの共有

  • 7-1 Backstageを使用してブックを共有する
  • 7-2 コメントを管理する

内容評価基準8 データの分析と整理

  • 8-1 データを抽出する
  • 8-2 データを並べ替える
  • 8-3 条件付き書式を適用する

模擬試験プログラムの使い方

  • 1 模擬試験プログラムの起動
  • 2 模擬試験プログラムの学習方法
  • 3 模擬試験の心構えと注意事項

模擬試験 標準解答

  • 第1回模擬試験
  • 第2回模擬試験
  • 第3回模擬試験
  • 第4回模擬試験
  • 第5回模擬試験

困ったときには

付録1 MOSの概要

  • 1 MOSの概要

付録2 本試験に臨む前に

  • 1 試験イメージの確認
  • 2 試験の心構え

索引

学習方法

書籍学習用データ

Office2010ユーザー向け_Office Onlineの利用

Windows 8対応 補足資料(学習の前に)

模擬試験問題

正誤表

▲ ページの先頭へ