1. トップ > 
  2. 書籍一覧 > 
  3. 資格 > 
  4. MOS > 
  5. MOS Microsoft Office Excel 2007 完全マスター Ⅰ 対策テキスト

Microsoft Office Specialist
Microsoft Office Excel 2007 完全マスター Ⅰ 対策テキスト

表紙fpt1016
定価 2,160円 (本体 2,000円)
型番 FPT1016
ISBNコード 978-4-89311-862-2
仕様 A4変型判 326ページ
添付 CD-ROM
(自動採点プログラム付き)
発行日 2010年9月13日

在庫限り

  • おすすめPDF1
  • 立ち読みPDF

ご購入

通常版(紙書籍)

電子書籍

電子書籍版はありません

添付CD-ROM動作環境

「Microsoft Office Specialist」(以降、MOSと記載)のExcel 2007に合格することを目的にした試験対策用教材です。 「内容評価基準」(試験範囲)を100%網羅、丁寧にわかりやすく解説し、合格への近道となるテキストです。

最新情報は、MOS公式サイトでご確認ください。
http://mos.odyssey-com.co.jp/

※2013年9月30日をもちまして、MOS試験対策教材に対するマイクロソフト社の公認制度が終了いたしました。 それに伴いまして、テキスト名称を「公認テキスト」から「対策テキスト」に改め、表紙からは公認マークを削除したテキストです。(教材の内容自体に変更はございません)

内容評価基準をすべて網羅!

内容評価基準の項目すべての解説とLessonを用意しています。解説を読んでLessonに解答するという学習スタイルで内容評価基準をひとつずつ隈なく学習できます。

自動採点プログラム付きCD-ROMで確実に実力アップ!

自動採点プログラム付きCD-ROMで全Lessonの解答の正誤を確認しながら、効果的に学習を進めることができます。 学習意欲を維持・向上できるように、採点機能や履歴機能が付いています。

試験対応スキルももちろん身に付く!

全Lessonの中から問題をランダムに抽出し、本試験さながらの試験システムで試験を体験できます。 テキストで扱う全Lessonが把握できているかどうかを確認するのに最適です。また、試験対応スキルも自然に身に付きます。

Windows 7 • Windows Vista • Windows XPの3つのOSに対応!

テキスト内の画面ショットはWindows Vista + Office 2007で作成していますが、必要に応じてWindows 7とWindows XPでの補足説明を追記しているので、いずれのOSでも問題なく学習を進めていただけます。


完全マスターⅠ 対策テキストで基礎力アップ
完全マスターⅡ 模擬問題集で直前対策、 セットで学習すればより効果的です。

添付CD-ROM動作環境

  • OS:
    Windows 7(32ビット、64ビット)日本語版
    Windows Vista SP2(32ビット、64ビット)日本語版
    Windows XP SP3(32ビット)日本語版のいずれかひとつ
  • アプリケーションソフト:
    Office 2007 SP2 日本語版
    (Professional Plus、Enterprise、Ultimateのいずれか推奨)
    (注1)Personal、Standard、Professionalの各エディションでは、IRMによる「アクセス制限」 に関する学習が実習できません
    (注2)Office XP、Office 2003、Office 2010では動作いたしません。
  • CPU:
    Windows 7 -- 1GHz以上のプロセッサ
    Windows Vista -- 800MHz以上のプロセッサ (1GHz以上推奨)
    Windows XP -- 600MHz以上のプロセッサ
  • メモリ:
    Windows 7 -- 1GB以上(2GB以上推奨)
    Windows Vista -- 512MB以上(1GB以上推奨)
    Windows XP -- 384MB以上(512MB以上推奨)
  • グラフィックス表示:
    Windows 7、Windows Vista -- 解像度 1024×768ピクセル以上、ハイカラー以上
    Windows XP -- 解像度 1024×768ピクセル以上、カラー256色以上
  • CD-ROMドライブ:
    24倍速以上CD-ROMドライブ必須

本書をご利用いただく前に

学習の進め方

CD-ROMプログラムの使い方

内容評価基準1 データを作成、操作する

  • 1-1 オートフィルでデータを入力する
  • 1-2 データの信頼性を確保する
  • 1-3 セルの内容と書式を編集する
  • 1-4 ワークシートの表示を変更する
  • 1-5 ワークシートを管理する

内容評価基準2 データと内容の書式を設定する

  • 2-1 ワークシートの書式を設定する
  • 2-2 行と列を挿入および編集する
  • 2-3 セルとセルの内容に書式を設定する
  • 2-4 テーブルに書式を設定する

内容評価基準3 数式を作成および編集する

  • 3-1 数式の参照先
  • 3-2 数式を使ってデータの集計をする
  • 3-3 小計を利用してデータを集計する
  • 3-4 条件付き数式を使ってデータを集計する
  • 3-5 数式を使ってデータを検索する
  • 3-6 数式に条件付き論理を使う
  • 3-7 数式を使って文字列の書式設定や編集を行う
  • 3-8 数式を表示、印刷する

内容評価基準4 データを視覚的に表示する

  • 4-1 グラフを作成および書式設定する
  • 4-2 グラフを編集する
  • 4-3 条件付き書式を適用する
  • 4-4 図を挿入および編集する
  • 4-5 データの並べ替えおよび抽出を行う
  • 4-6 データをまとめる

内容評価基準5 データの共有とセキュリティの設定をする

  • 5-1 ブックの変更を管理する
  • 5-2 ブックを保護および共有する
  • 5-3 ブックを配布するための設定を行う
  • 5-4 ブックを保存する
  • 5-5 データ、ワークシート、ブックを印刷設定する

Q&A

付録1 MOSの概要

付録2 便利な学習ツール

索引

学習方法

書籍学習用データ

正誤表

▲ ページの先頭へ