1. トップ > 
  2. 書籍一覧 > 
  3. アプリケーション > 
  4. Excel > 仕事に使える Microsoft Excel 関数ブック

よくわかる 仕事に使える Microsoft Excel 関数ブック
2016/2013/2010/2007対応

表紙fpt1614
定価 1,296 円 (本体 1,200 円)
型番 FPT1614
ISBNコード 978-4-86510-306-9
仕様 B6判238ページ
添付 なし
発行日 2016年11月7日
  • おすすめPDF1
  • 仕事に使える Excel 関数ブック

ご購入

Excelの基本機能をマスターされている方を対象に、知っていると業務効率が上がる関数を厳選してわかりやすく紹介しています。
関数を使えばここまで入力の手間が省ける!こんな関数の使い方があったのか!など、関数の便利さを再認識できる1冊となっています。

仕事に役立つ関数116個をご紹介!

仕事がグングンはかどる便利な関数を全部で116個ご紹介します。日々のドキュメント作成や集計・分析作業などの各場面において、作業効率が格段にアップすること間違いありません。

リファレンス形式で使いたい関数をすぐに探せる!

「数式のエラー表示を回避する」「1行おきに連番を振る」「頻度分布を求める」のような用途を明確にした見出しで、目的の関数をすぐに探すことができます。

具体的な使用例で実務での活用をサポート!

関数の入力方法を説明するだけでなく、具体的な使用例も盛り込んでおり、実務でどのように活用すればよいかがイメージしやすくなっています。

コンパクトで使いやすい!

手元に置いてすぐに使えるように、コンパクトな手のひらサイズ(B6判型)で提供します。

本書をご利用いただく前に

第1章 関数の基礎知識

  • 1 関数とは
  • 2 演算子とは
  • 3 関数の入力-直接入力-
  • 4 関数の入力-《関数の挿入》ダイアログボックス-
  • 5 関数の入力-関数ライブラリ-
  • 6 関数のコピー
  • 7 シリアル値とは

第2章 数学/三角関数

  • 1 範囲内の数値を合計する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SUM
  • 2 条件を満たす数値を合計する‥‥‥‥‥‥‥‥‥SUMIF
  • 3 複数の条件を満たす数値を合計する‥‥‥‥‥‥SUMIFS
  • 4 見えている数値だけを合計する‥‥‥‥‥‥‥‥SUBTOTAL
  • 5 個々に掛け算した値の合計を一発で求める‥‥‥SUMPRODUCT
  • 6 範囲内の数値を掛け算する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥PRODUCT
  • 7 数値を基準値の倍数で切り上げる‥‥‥‥‥‥‥CEILING.MATH/CEILING
  • 8 数値を基準値の倍数で切り捨てる‥‥‥‥‥‥‥FLOOR.MATH/FLOOR
  • 9 指定した桁数で数値の端数を切り捨てる‥‥‥‥ROUNDDOWN
  • 10 五捨六入など四捨五入以外の端数処理をする‥ TRUNC/SIGN
  • 11 指定した範囲の数値を合計する‥‥‥‥‥‥‥ SUM/OFFSET

第3章 論理関数

  • 1 複数の条件を設定する(1)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ AND
  • 2 複数の条件を設定する(2)‥‥‥‥‥‥‥‥‥ OR
  • 3 条件をもとに結果を表示する(1)‥‥‥‥‥‥ IF
  • 4 条件をもとに結果を表示する(2)‥‥‥‥‥‥ IF/AND
  • 5 数式のエラー表示を回避する‥‥‥‥‥‥‥‥‥IFERROR

第4章 日付/時刻関数

  • 1 日付を和暦で表示する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥DATESTRING
  • 2 土日を除く6営業日後の日付を求める‥‥‥‥‥ WORKDAY
  • 3 土日祝祭日を除く日数を求める‥‥‥‥‥‥‥‥NETWORKDAYS
  • 4 月末を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥EOMONTH
  • 5 指定した日付から今日までの期間を求める‥‥‥DATEDIF/TODAY
  • 6 翌月15日を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  DATE/YEAR/MONTH
  • 7 平日の総勤務時間を合計する‥‥‥‥‥‥‥‥SUMPRODUCT/WEEKDAY
  • 8 時刻表示を数値に変換する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥DAY/HOUR/MINUTE

第5章 統計関数

  • 1 範囲内の数値を平均する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥AVERAGE
  • 2 条件を満たす数値を平均する‥‥‥‥‥‥‥‥‥AVERAGEIF
  • 3 複数の条件を満たす数値を平均する‥‥‥‥‥‥AVERAGEIFS
  • 4 範囲内の数値の最大値を求める‥‥‥‥‥‥‥‥MAX
  • 5 順位を付ける‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥RANK.EQ/RANK
  • 6 指定した順位にあたる数値を求める‥‥‥‥‥‥LARGE
  • 7 空白以外のセルの個数を求める‥‥‥‥‥‥‥‥COUNTA
  • 8 条件を満たすセルの個数を求める‥‥‥‥‥‥‥COUNTIF
  • 9 重複しているデータを探し出す‥‥‥‥‥‥‥‥IF/COUNTIF
  • 10 複数の条件を満たすセルの個数を求める‥‥‥ COUNTIFS
  • 11 頻繁に現れる数値の出現回数を求める‥‥MODE.SNGL/MODE/COUNTIF
  • 12 頻度分布を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ FREQUENCY
  • 13 極端な数値を除いた平均を求める‥‥‥‥‥‥ TRIMMEAN
  • 14 範囲内の数値の中央値を求める‥‥‥‥‥‥‥ MEDIAN
  • 15 偏差値を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ STDEV.P/STDEVP/AVERAGE

第6章 検索/行列関数

  • 1 途中データを削除しても常に連番を表示する‥‥ROW
  • 2 1行おきに色を付ける‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ MOD/ROW
  • 3 参照表から目的のデータを取り出す(1)‥‥‥ VLOOKUP
  • 4 参照表から目的のデータを取り出す(2)‥‥‥ LOOKUP
  • 5 参照表を切り替えて目的のデータを取り出す‥‥VLOOKUP/INDIRECT
  • 6 ランダムな値に対するデータを取り出す‥‥‥‥VLOOKUP/RANDBETWEEN
  • 7 入力に応じてリスト内容を切り替える‥‥‥‥‥INDIRECT
  • 8 データに対応するセルの位置を求める‥‥‥‥‥MATCH
  • 9 参照表の指定した行と列の交点のデータを取り出す‥INDEX/MATCH

第7章 情報関数

  • 1 ふりがなを表示する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥PHONETIC
  • 2 セルがエラーの場合にメッセージを表示する‥‥IF/ISERROR
  • 3 セルが空白の場合にメッセージを表示する‥‥‥IF/ISBLANK
  • 4 セルが数値の場合に計算する‥‥‥‥‥‥‥‥‥IF/ISNUMBER
  • 5 1行おきに連番を振る‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ IF/ISEVEN/ROW
  • 6 折れ線グラフで途中のデータ抜けを無視して前後のデータで線を結ぶ‥NA

第8章 財務関数

  • 1 積立預金の満期額を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥FV
  • 2 ローンの借入可能金額を求める‥‥‥‥‥‥‥‥PV
  • 3 一定期間のローンの返済額を求める‥‥‥‥‥‥PMT
  • 4 ローン返済表を作成する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥PPMT/IPMT
  • 5 ローンの支払い回数を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥NPER
  • 6 ローンの利率を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥RATE
  • 7 繰上げ返済を試算する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥CUMIPMT/CUMPRINC
  • 8 ○年後の正味現在価値を求める‥‥‥‥‥‥‥‥NPV
  • 9 ○年後の内部利益率を求める‥‥‥‥‥‥‥‥‥IRR

第9章 財務関数

  • 1 数値を漢数字で表示する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥NUMBERSTRING
  • 2 文字列の余分なスペースを削除する‥‥‥‥‥‥TRIM
  • 3 セル内の改行を削除して1行で表示する‥‥‥‥ CLEAN
  • 4 複数のセルの文字列を結合して表示する‥‥‥‥CONCATENATE
  • 5 文字列を結合してひとつのセルに2行で表示する‥CONCATENATE/CHAR
  • 6 データの一部の文字を別の文字に置き換える‥‥REPLACE
  • 7 指定文字数分の文字列を取り出す‥‥‥‥‥‥‥MID
  • 8 文字列を置き換える‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SUBSTITUTE
  • 9 左端から異なる長さの文字列を取り出す‥‥‥‥LEFT/FIND
  • 10 2つの文字列を比較する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥  IF/EXACT
  • 11 アルファベットの先頭を大文字にする‥‥‥‥ PROPER
  • 12 半角のふりがなを表示する‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ASC/PHONETIC

第10章 データベース関数

  • 1 条件を満たす行から指定した列の数値を合計する‥‥‥DSUM
  • 2 条件を満たす行から指定した列の数値を平均する‥‥‥DAVERAGE
  • 3 条件を満たす行から指定した列のセルの個数を求める‥DCOUNTA
  • 4 条件を満たす行から指定した列のデータを表示する‥‥DGET

第11章 エンジニアリング関数

  • 1 面積の単位を変換する‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥CONVERT/SQRT
  • 2 数値データを基準値と比較する‥‥‥‥‥‥‥‥GESTEP/PRODUCT/SUM
  • 3 2つの数値データが完全に一致しているかどうかを調べる‥DELTA

索引

書籍学習用データ

正誤表

正誤表はありません

▲ ページの先頭へ