1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. メンタルヘルス > 
  4. ポジティブ・メンタルヘルス「ワーク・エンゲイジメント」

ポジティブ・メンタルヘルス「ワーク・エンゲイジメント」

「ワーク・エンゲイジメント」とは、仕事に誇りを持ち、仕事にエネルギーを注ぎ、仕事から活力を得て、 いきいきしている状態のことをいいます。
本教材ではこの「ワーク・エンゲイジメント」の考え方をもとに、従業員がいきいきと働くことができ、 組織全体が活性化するポジティブ・メンタルヘルスについて解説します。

本商品は、eラーニングサイト1周年感謝祭(2.eラーニング商品3割引き)の対象外です。
  • Point1
    講師が登場し、集合研修のような臨場感の中で学習ができる
  • Point2
    事例や図などを使い解りやすく解説
  • Point3
    学習終了後、確認テストを実施することで理解度を確認できる

標準学習時間

1.5時間

講座チラシ

クラウドサービス型

1.いま職場で何が起こっているか?

  • 学習内容
  • 職場のメンタルヘルスの目的と対象:2次・3次予防から1次予防へ
  • 労働者を取り巻く社会・経済状況の変化
  • これまでのメンタルヘルス対策とこれからの対策
  • WHOによるこころの健康の定義
  • WHOによる「Global Healthy Workplace model」

2.ワーク・エンゲイジメントとは?

  • 働く人のこころの健康 新しい考え方「ワーク・エンゲイジメント」
  • ワーク・エンゲイジメントと関連概念
  • エンゲイジメントとワーカホリズム:2年後のちがいは?

3.個人の活性化

  • 仕事の要求度-資源モデルと個人の活性化(セルフケア+α)
  • ワーク・エンゲイジメントに注目した個人の活性化
  • ジョブ・クラフティング

4.組織の活性化

  • 仕事の要求度-資源モデルと組織の活性化(管理監督者教育+α)
  • 報われない努力は無気力のもと-学習性無力状態-
  • 上司の望ましいサポート
  • 仕事の要求度-資源モデルと組織の活性化(職場環境改善+α)
  • 本当に「健康な」職場とは?
  • 仕事の要求度-資源モデルと組織の活性化
  • 仕事の要求度と仕事の資源
  • 組織資源の向上を通じたワーク・エンゲイジメントの向上活動の例
  • 適度なパーソナルスペースと風通しの良いレイアウト
  • ウェルカムバルーン
  • CREWプログラム

5.仕事外の要因に注目した対策

  • 仕事外の要因に注目してみると
  • 休暇による効果
  • 週末の過ごし方と週明けのストレス・パフォーマンス
  • 本当に24時間戦えますか?-その日の疲れ、その日のうちに-
  • よく働きよく遊べ!気晴らしのストレス軽減効果
  • 気晴らしの分類
  • ワーク・ライフ・バランスとは
  • ワーク・ライフ・バランスの考え方 流出効果と交差効果
  • 充実した週末が仕事の厚みを増す
  • 「TWIN study I & II(Tokyo Work-family INterface study)」について
  • 活性化対策をスムーズに展開するための6つのポイント
  • 最後に

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 5,000円

クラウドサービス型

Microsoft Windows 8.1、8、7のいずれかが潤滑に動作するPC/AT互換機 + キーボード + マウス
解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)以上のディスプレイ装置
サウンドボード+スピーカー等のサウンド再生装置
ADSLや光ファイバー、組織内LANなどのブロードバンド接続ネットワーク回線
注意: 回線速度・回線状況により、音声・動画が途切れる場合があります。
Microsoft Internet Explorer 8、9、10、11
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Adobe Flash Player 14のブラウザプラグイン
Adobe Readerが必要です。
  • 組織内ネットワークでeラーニングシステムを構築して利用される場合、お使いのInternet Navigware Serverが保証するクライアントの動作環境が前提条件となります。
  • 本コースウェアはInternet Navigware V6.0 以降に対応しています。
  • 開発時点(平成26年9月)での確認です。プラグイン等、上位バージョンでの動作等、必ず「体験学習」のページでご確認ください。

▲ ページの先頭へ