1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. IT専門分野 > 
  4. よくわかる運用管理(クラウド環境の運用管理編)

よくわかる運用管理(クラウド環境の運用管理編)

業務を止めない運用管理を実現するためのイベント管理の役割と要求される機能やイベント管理を導入して運用する場合のポイントについて、実践経験に基づいて解説します。
また、イベント管理を運用管理ツールを導入して運用する場合の運用管理ツールに要求される必要な機能について解説します。
※「富士通株式会社 ミドルウェア事業本部」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • Point1
    該当分野に特化した技術について、わかりやすく解説しています!
  • Point2
    読みやすい画面レイアウトにより、内容をじっくりと読み解けます!
  • Point3
    期間内であれば、ご自分のペースで何度でも繰返し閲覧できます!

標準学習時間

2時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware対応)

第1章 クラウド環境の運用管理

  • 学習目標
  • 1.1 クラウド環境とは
  • 1.2 クラウド環境の種類
  • 1.3 SaaS/PaaS/Iaas/(HaaS)
  • 1.4 提供範囲と利用範囲
  • 1.5 その他の提供形態
  • 第1章 確認テスト

第2章 運用管理の提案

  • 学習目標
  • 2.1 クラウド環境の運用管理の提案
  • 2.2 導入するクラウド環境の形態
  • 2.3 クラウド環境の運用管理の流れ
  • 2.4 クラウドシステムの運用管理に関する提案
  • 第2章 確認テスト

第3章 運用管理ツールに求められる機能(概要)

  • 学習目標
  • 3.1 論理プラットホームの管理
  • 3.2 サービスカタログ
  • 3.3 論理プラットホームの構成の自動設定
  • 3.4 インフラ構築の自動化
  • 3.5 業務アプリケーション開発の効率化
  • 第3章 確認テスト

第4章 運用管理ツールに求められる機能(詳細)

  • 学習目標
  • 4.1 マルチテナント環境のリソース管理
  • 4.2 課金管理
  • 4.3 構成管理
  • 4.4 運用作業の自動化
  • 4.5 ブレードサーバの状態の可視化
  • 4.6 ネットワークの可視化
  • 4.7 クラウド運用の均質化
  • 4.8 配備したサーバの監視を自動化
  • 4.9 業務システムの個別監視
  • 4.10 オンプレミス環境とクラウド環境の集中監視
  • 4.11 故障予兆の検出による業務停止の回避
  • 4.12 仮想マシンの稼働位置の復旧
  • 4.13 致傷サーバの自動復旧
  • 4.14 システムイメージの一元管理
  • 4.15 仮想マシンの再配置シミュレーション
  • 4.16 性能分析による最適なチューニング
  • 4.17 最適なテナント運用を実現するために
  • 第4章 確認テスト

最後に

  • ソフトウェアサービス
  • ミドルウェアトレーニング

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 13,000円

買取型

Internet Navigware対応

ライセンス数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
5クライアント 325,000円 162,500円
20クライアント 1,040,000円 520,000円
100クライアント 3,120,000円 1,560,000円

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware対応)

Microsoft Windows Vista、7、8、8.1 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
CPU:Pentium 300MHz 以上、メモリ:128MB 以上
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
Microsoft Internet Explorer 7、8、9、10、11
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Adobe Flash Player
  • 本コースウェアはInternet Navigware V8.0 以降に対応しています。
  • 開発時点での確認です。プラグイン等、上位バージョンでの動作等、必ず「体験学習」のページでご確認ください。

▲ ページの先頭へ