1. トップ > 
  2. eラーニング講座一覧 > 
  3. IT専門分野 > 
  4. MobileSUITE(開発編)

MobileSUITE(開発編)

本講座では、以下を学習します。
- MobileSUITEが提供するHTML / JavaScript / CSSによるクライアントアプリケーション(HTMLアプリ)の実行基盤を利用したHTMLアプりの設計/開発方法
- MobileSUITEが提供する環境と外部システム(業務システム/サービス)を接続し、スマートデバイスから外部システムにアクセスできるようにする方法
※「富士通株式会社 ミドルウェア事業本部」との提携にてご提供するeラーニング講座です。

  • Point1
    対象のミドルウェア製品について、わかりやすく解説しています!
  • Point2
    ミドルウェアマスター認定資格レベルのスキルを習得できます!
  • Point3
    期間内であれば、ご自分のペースで何度でも繰返し、学習できます!

標準学習時間

3時間

講座チラシ

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware対応)

第1章 スマートデバイスによるワークスタイル変革

  • 1.1 スマートデバイスとワークスタイル変革
  • 1.2 スマートデバイスの利用シーン
  • 1.3 スマートデバイスのビジネス活用における課題

第2章 FUJITSU Cloud Service MobileSUITEにおけるアプリケーション開発の概要

  • 2.1 FUJITSU Cloud Service MobileSUITEの製品コンセプト
  • 2.2 モバイルアプリケーションの方式
  • 2.2.1 クライアント側アプリケーションの方式
  • 2.2.2 サーバー側アプリケーションとの連携方式
  • 2.3 HTMLアプリ
  • 2.3.1 HTMLアプリ開発時の実装範囲
  • 2.3.2 HTMLアプリのファイル構成
  • 2.4 アプリケーション開発に関する機能
  • 2.4.1 HTMLアプリ実行基盤
  • ■HTMLアプリ保存情報の隔離
  • ■HTMLアプリ保存情報の共有
  • ■Web Storageの暗号化
  • ■コンテンツの操作
  • ■HTMLアプリの起動時パラメータ受け渡し
  • 2.4.2 HTMLアプリAPI
  • ■MobileSUITE APIの機能
  • ■Cordova 3.7 APIの機能

第3章 HTMLアプリ開発環境の構築

  • 3.1 HTMLアプリ開発環境の全体像
  • 3.2 ネイティブSDK/IDEのインストール
  • 3.3 Apache Cordovaのインストール
  • 3.4 HTMLエディターのインストール
  • 3.5 MobileSUITE Mobile Portalのインストール
  • 3.5.1 Android版のインストール方法
  • 3.5.2 Windows版のインストール方法

第4章 HTMLアプリの開発

  • 4.1 HTMLアプリの開発手順
  • 4.2 HTMLアプリのデザイン・設計
  • 4.2.1 OS標準ブラウザの挙動の違い
  • 4.2.2 ファイルの共有とネーミング
  • 4.2.3 Indexed Database使用時の注意点
  • 4.2.4 Cordova 3.7 API利用上の制約
  • 4.2.5 キーの制約
  • 4.2.6 ファイル/フォルダの命名規約
  • 4.2.7 HTMLアプリの起動時パラメータ受け渡しについて
  • 4.2.8 index.htmlの作成について
  • 4.3 HTMLアプリのコーディング
  • 4.3.1 HTMLアプリAPIの組み込み方法
  • 4.3.2 デバッグログの組み込み方法
  • 4.4 HTMLアプリの動作確認・デバッグ
  • 4.4.1 デバイス機能を利用しない場合の動作確認方法
  • 4.4.2 デバイス機能を利用する場合の動作確認方法
  • 4.5 MobileSUITEへの登録
  • 4.5.1 HTMLアプリのパッケージング
  • 4.5.2 MobileSUITEへのHTMLアプリ登録
  • 4.6 HTMLアプリの動作検証

第5章 FUJITSU Cloud Service MobileSUITEにおける外部システム連携の概要

  • 5.1 MobileSUITEにおける外部システム連携の概要
  • 5.1.1 外部システム連携における機能構成
  • 5.1.2 連携先アプリケーションごとのコンテンツ種別
  • 5.1.3 起動側アプリケーションごとの作業内容
  • 5.1.4 MobikeSUITEとの認証連携の条件
  • 5.2 外部システム連携に関する機能
  • 5.2.1 シングルサインオン基盤
  • 5.2.2 MobileSUITE管理API(Web API)
  • 5.2.3 HTMLアプリAPI(API Gateway API)
  • 5.2.4 API Gateway管理機能
  • ■システム連携API管理
  • ■ログ管理
  • 5.2.5 API Gatewayサーバ機能
  • ■APIゲートウェイ(RESTアダプタ)
  • ■API Gateway管理API(Web API)
  • 5.2.5 API Gateway SDK

第6章 HTMLアプリとバックエンドシステムの連携

  • 6.1 MobileSUITE API Gatawayを使用したシステム連携手順
  • 6.2 Web APIインターフェースの開発
  • 6.2.1 MobileSUITE API Gatawayでの連携における条件
  • 6.2.2 MobileSUITE API Gatawayとの連携に必要な作業
  • 6.3 システム連携APIの配備
  • 6.3.1 API定義の登録
  • 6.3.2 APIキーの発行
  • 6.3.3 APIのテスト
  • 6.3.4 APIの本番環境への配備
  • 6.4 HTMLアプリの開発
  • 6.4.1 システム連携における機能構成
  • 6.4.2 システム連携を行うHTMLアプリの実装
  • 6.4.3 プリフライトリクエストに対するステータスコード一覧
  • 6.4.4 リクエストに対するステータスコード一覧
  • 6.5 HTMLアプリの登録/配信
  • 6.6 HTMLアプリの利用
  • 6.7 利用状況の把握

クラウドサービス型

受講期間 価格(税抜)
3ヶ月 18,000円

買取型

Internet Navigware対応

ライセンス数 価格(税抜)
期間無制限型 年間利用型
5クライアント 450,000円 225,500円
20クライアント 1,440,000円 720,000円
100クライアント 4,320,000円 2,160,000円

クラウドサービス型・買取型(Internet Navigware対応)

Microsoft Windows Vista、7、8、8.1 + PC/AT互換機 + キーボード + マウス
CPU:Pentium 300MHz 以上、メモリ:128MB 以上
画面解像度1024×768ピクセル以上、True Color(32ビット)のディスプレイ
Microsoft Internet Explorer 7、8、9、10、11
注意: JavaScript、およびCookieが有効であること
Adobe Flash Player
  • 本コースウェアはInternet Navigware V8.0 以降に対応しています。
  • 開発時点での確認です。プラグイン等、上位バージョンでの動作等、必ず「体験学習」のページでご確認ください。

▲ ページの先頭へ